樺地。

かんばーらんど。小説家・樺薫の公式サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

投手殺人事件

『藤井寺さんと平野くん 熱海のこと』の原作であるところの「投手殺人事件」ですが、よく考えてみるとこれ今入手困難なんですね。
本文は青空文庫で読めます。ので、ご参考まで。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43190_22525.html

スポンサーサイト

PageTop

本日新刊発売です

本日『藤井寺さんと平野くん 熱海のこと』発売です。
よろしくお願いします。
神保町あたりでは先週末からもう店頭に並んでいるみたいですが……。
藤井寺さんと平野くん 熱海のこと (ガガガ文庫 か 2-2)藤井寺さんと平野くん 熱海のこと (ガガガ文庫 か 2-2)
(2008/06/19)
樺 薫

商品詳細を見る

PageTop

見本が届きました。

 発売まであと一週間、『藤井寺さんと平野くん 熱海のこと』の見本が届きました。
hako
up

 さて、折角なのでもう一度書誌情報の確認を。
 小学館ガガガ文庫跳訳シリーズ第三弾『藤井寺さんと平野くん 熱海のこと』。
 ISBN 978-4-09-451078-2 定価600円(税込) 2008年6月18日発売。
 著者はもちろんわたくしこと樺薫、イラストはあめいすめるさん。
 坂口安吾の『投手殺人事件』を原作に、架空リーグの消長及び巨乳眼鏡っ娘と盲目の女紙芝居士との混浴を描ききった変格野球ミステリです。
 なお、ヒロイン・藤井寺の名前は尊敬する先輩でありますイワンさんのリェター(年々)に掲載されました一文、「近鉄オリックス合併についての断章」よりいただきました。それから作中に登場するある重要な概念を尊敬する作家であります中村九郎先生の『黒白キューピッド』からお借りしました。
 この場を借りてアイデアの拝借を快諾してくださったお二人にお礼申し上げます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。